SSブログ
前の10件 | -

久美浜小天橋&竹野日和田海岸 [ツーリング]

梅雨入り前ですが、天気予報は晴れが続くようです。あまり遠出をしない範囲で山陰方面に出撃しました。久美浜は京都府で府県またぎですが、これはもう解禁ですよね。久美浜は砂州によって隔てられた湖で最近は自転車で周回する“クミイチ”というのもあるようです。海沿いの道は気持ちが良くて、そのまま竹野の日和田海岸を走りました。今日は気温が上がり、上下メッシュのウェアでも真夏並みの暑さです。ビーチでは泳いでいる人もいました。このまま自粛後の初お泊まりして、明日戻ります。

IMG_20200604_125209_copy_1280x640.jpg

IMG_20200604_131130_copy_1280x640.jpg

IMG_20200604_135955_copy_1280x640.jpg

IMG_20200604_140544_copy_1280x640.jpg

IMG_20200604_140820_copy_1280x640.jpg

IMG_20200604_140634_copy_1280x640.jpg

コメント(0) 

復活ボルダリング [クライミング]

“クライミングは人生”とかいう高い志はとうの昔に捨てていて、このまま年寄りになって登り続けられる訳もなく、このコロナをきっかけにキッパリと足を洗おうかと思案しております。ただこの手の運動は登山などでの基本ですし、レベルチェックをしながらフェイドアウトするのも良いかなとも思います。そこでボルダリングジムに出撃してきました。ジムの方もコロナ対策に腐心されています。二階は窓がなく「密」ですが、一階は大きく解放されていて風が通り「密」ではなく安心しました。今日は慣らしですから7級から丁寧に上げて行きましたが、4級になるととたんに苦しくなりました。まぁ、仕方ありません。昨日作成した液体チョークは快適です。もともと「ぬめり手」ですので、高濃度アルコールで速乾サッパリします。月次会員になりましたので、もう少しだけ通いましょうか。

IMG_20200602_152522_copy_1280x640.jpg

IMG_20200602_152628_copy_1280x640.jpg

IMG_20200602_152444_copy_1280x640.jpg

コメント(0) 

液体チョークを作った [クライミング]

クライミングジムが営業再開してきているようです。ジムのホールドは多くの人が触りまくりますが、これを消毒するのは難しいと思います。販売されている液体チョークを調べてみるとアルコール濃度50%とかアルコールフリーとかでした。そこでよりコロナ対策になると思われるアルコール濃度の高い液体チョークを自作してみました。何も難しいことはありません。持っている粉末チョークと消毒用エタノールを混ぜて百均の容器に入れただけです。消毒用エタノールはアルコール濃度80%と少し高過ぎるので希釈して70%程度にして100cc、これに粉末チョークを35g入れると粘度もちょうどよくなりました。市販の液体チョークよりアルコール濃度が高いので手が荒れて指を痛めるかもしれません。使用したあとでまた報告しますね。

IMG_20200601_120409_copy_1280x640.jpg

コメント(0) 

海をまたいで府県をまたがず淡路島 [ツーリング]

外に出ると道路の電光掲示板のほとんどに「府県をまたぐ移動自粛」と掲示してあります。地域によっては移動全解除のところがあったりしてルールがよく分かりませんし、石を投げられるとかタイヤを切られるとかガセネタのような話しもあるので無理をすることはないと思っています。幸い兵庫県は広くて高原地帯から、山陽、山陰、そして淡路島まであります。今日は明石からフェリーで渡り淡路島を走ってきました。絶好の気候で海岸沿いの道路は気持ち良すぎです。南端の福良で調べていた海鮮丼を食べるつもりでしたが、何とほとんどのお店がお休みでした。観光の回復まではもう少しですね。これでやっと通販爺から脱却できました。

IMG_20200528_081454_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_082257_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_084141_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_104913_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_102428_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_091652_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_100529_copy_1280x640.jpg

IMG_20200528_182135.jpg

コメント(0) 

GSX125のブレーキレバー交換&多可町までチョイ乗り [ツーリング]

バイクでこけるとブレーキレバーが地面に当たって折れることがよくあります。長いツーリングの途中の山道でレバーを折ると、これだけで走れなくなるので予備のレバーを持つ人がいます。私もスペアのレバーをバイクに積むことにして、マレーシア製の安物を通販で仕入れました。製品が届くと実物はレバー位置が調整可能かつ可倒式構造で、転倒しても折れそうにありません。そこでブレーキとクラッチレバー両方とも付け替えして今まで使っていたものを予備にすることにしました。

IMG_20200522_113247_copy_1280x640.jpg

自粛生活でバイク用品通販爺になってしまい、センタースタンド、ヘルメット、メッシュパンツ、レバーといろいろ買ってしまいました。少しは乗っておかないと忘れそうなので、近場に出かけてみました。自粛警察に見つかって石でも投げられたら困るので、人気の少ない西脇から多可町を抜けて青垣を回って帰って来ました。途中では思いがけず立派な青玉神社などがありました。バイクはちらほら程度でした。緊急事態宣言は解除されましたが、県をまたぐ旅行は自粛要請が続いています。いつになったら遠出できるのでしょうか。

IMG_20200522_113312_copy_1280x640.jpg

IMG_20200522_120337_copy_1280x640.jpg

IMG_20200522_122910_copy_1280x640.jpg


コメント(0) 

献血 [日々のつれづれ]

かつて血の気が多いときは要らぬトラブルを避けるために血を抜いた方が良かったのですが(笑)最近では穏やかな性格になり献血の必要はなくなりました。しかし何せ暇なもんで献血センターに出かけました。カフェのような雰囲気でとてもきれいです。いろいろな説明を聞いてしっかり400cc取ってもらいました。かなり血液が足りなくなっているようなので、出来る方は協力してあげて下さい。

IMG_20200514_111726.jpg

IMG_20200514_112019.jpg

さて問題のコロナちゃんですが、一段落の様相が見えてきました。長い登山をしていると、下山したら寿司を食べようかカツ丼食べようかと、そればかり考えていました。コロナ解除後は自分でリスクを考えながら、世間の様子も見て活動再開していきたいと思いますが、まずはバイクじゃないでしょうか。真夏くらいには長期ツーリングに行きたいものです。

コメント(0) 

残念! バンプ大阪閉店 [クライミング]

コロナ関連の驚くようなニュースが飛び交う中で、昨日はショックなアナウンスがありました。クライミングジムのパンプ大阪が5月31日で閉店するとのことです。もともとアルパイン系のクライミングをしていましたが、スポートクライミングに手を染めたのはパンプ大阪が開店した23年前からです。それ以来、周期的に頻度の多少はありましたが、完全に足が遠のくことはなく通っていました。ここは壁の形状に変化があり、ルート設定の巧みさが秀でていて、登るクライマーは真剣に取り組む人が多く、結果楽しく登らせてもらいました。パンデミックは世の中を変えるといいますが、大切な思い出を取られたような感じです。ありがとうございました。
無題.png

コメント(0) 

自粛より辛い冬山登山の沈殿 [日々のつれづれ]

家籠りが続いています。思うように動けないので冬山登山の沈殿を思いだしました。沈殿とは吹雪で行動出来なくてテントや雪洞の中でじっとしていることで略して「沈」と言っていました。大学2年の年末年始に北アルプス剣岳小窓尾根に山岳部OB合同で行きました。ニードルという岩峰手前で同時行動していた他パーティーの一名が転落し捜索活動に入りました。そのうち本格的な冬型の吹雪になって動けなくなりました。この地点でテントと雪洞で4~5泊はしたように思います。「沈」すると喰い伸ばしするので、朝はラーメン半分、昼は乾パン少し、夜はアルファ米とぺミカンの雑炊少しでひもじい思いをします。寝袋は濡れて凍って寒くて寝れません。トイレなどで外に出るときは完全装備でアイゼンまで付けて、雪まみれで帰ってくるとまた全部外さないといけません。ずっと風呂に入りたい、カツ丼食いたいと思って我慢を続け、その後一瞬の天気の好転をとらえて下山することが出来ました。

自粛生活が続いていますが、この冬山の沈殿生活と比べると天国のようなものです。太るほど食えますし、風呂にも入れ、暖かい布団で寝ることができます。自粛家籠り、いくらでも続けるぞ~。

IMG_20200424_090443~2.jpg

(昭和56年年始 剣岳小窓尾根敗退下山中)

コメント(2) 

自粛してバイク整備 センタースタンドの取り付け [ツーリング]

いよいよ世間が厳しくなってきました。三密を避けてと言いながら脳天気にバイクを転がしていると、石でも投げられそうな雰囲気です。そこで自宅でバイク整備に徹して、ネットでセンタースタンドを購入して取り付けてみました。通常はサイドスタンドでバイクを傾けて停めますが、チェーンやタイヤを点検するときにはセンタースタンドが便利です。取り扱い説明書に従ってやると、上手く取り付けすることが出来ました。

IMG_20200423_170409_copy_1280x640.jpg

IMG_20200423_153454_copy_1280x640.jpg

コメント(0) 

自粛生活 [日々のつれづれ]

近くに海浜公園があるのでジョギングしたり、サイクリングロードで自転車に乗ったりしています。先日フェイスブックにウォーキングやランニング時の社会的距離についての英文文献が紹介されていましたのでダウンロードしてみました。やはり先行者の微小液滴が地面に落ちる間空中に漂うので、結果として後ろ側に流れているという状況になります。これを避ける距離はウォーキング時で5m、ランニング時は10mだということです。但し横に出ればこれに暴露される可能性は少なくなりますので、渡り鳥の編隊飛行のようにV字型を意識して先行者の真後ろに入らない方が良さそうです。ジョギングも自転車もかなり全力で走ってハァーハァー吸うので、吸い込むときは肺の奥まで入りそうで気持ち悪いです。(図は文献内から引用)

無題.png

無題2.png

無題3.png

クライミングジムは行けないし、外の岩場も立ち入り自粛や禁止のところが次々と増えてきました。ホームゲレンデの堡塁岩はトラディショナルな岩場ですし、普段は一人でトップロープソロという登り方でやっているので厳しく非難されることはないとは思いますが、多くの山岳団体やクライミング団体が「今は登るな!」と強く自粛要請しているので、やはり今は登りに行かないことにしています。憂さ晴らしに猫のキャットタワーを登りました(笑)。

IMG_20200418_090630_copy_640x1280_1.jpg

また昨年の後半にバイクを買い替えて、今年は5月に南九州、夏場は東北か北海道のバイクツーリングを計画していました。これは全く行ける状況ではありません。来年なら行けるのでしょうか。引き籠りでお金を使わないので、これも憂さ晴らしで新しくヘルメットを買ってしまいました。WINSという国内ブランドで、いつも中華安物買いの私にしてはまともな物です。ヘルメットは完全にシールドですので一人で近場なら走れそうです。

IMG_20200418_085257_copy_1280x640.jpg

IMG_20200417_123517_copy_1280x834.jpg

コメント(2) 
前の10件 | -