So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

中島健郞さんの講演会 [日々のつれづれ]

2017年に平出さんとのペアでシスパーレ北東壁を初登攀してピオレドール賞を受賞した中島健郞さんの講演会が神戸で開催されたので行ってみました。テレビでは見ていましたが、実物は結構細く華奢な方です。やはり太ったクライマーはいませんね。お話しは謙虚で落ち着いた講演でした。この手の方々に多いアクの強さは全く感じません。知りませんでしたが関学山岳部のご出身でした。講演前半はシスパーレ北東壁、後半は今年のラカポシ南壁初登攀の話しでした。キレイで迫力の写真と動画です。フンザ周辺の地理もよく分かりました。最後に“生きて戻る”ことについて大切な言葉もありました。

IMG_20191208_133054-500x250.jpg

IMG_20191208_140953-500x250.jpg

IMG_20191208_134436-500x250.jpg

IMG_20191208_145025-500x250.jpg

コメント(0) 

ホールドチェンジ後お客さん第一号@ボルダリングジム [クライミング]

昨日のクライミングジムの定休日にホールドチェンジされているはずなので、朝イチにジムに出撃しました。お客さん第一号です。ジムに着くとまだホールドセットや課題のラベルを貼っている最中でした。迷惑なお客ですが、新作登り放題なのでじゃまにならない範囲で次々とやりました。新品ではありませんがキレイなホールドは掛かりがいいので楽しくやれます。これから課題が増えていきますし、二階のホールド換えはこれからなので、暫くやれそうです。

IMG_20191203_100114-500x250.jpg

コメント(0) 

ホールドチェンジ1週間前@ボルダリングジム [クライミング]

ボルダリングジムで使っているホールドは長く使っているとお客さんが使用するチョークや靴のソールに磨かれてツルツルになってきます。またホールドの配置にも飽きてきます。そこでどこのジムでも定期的にホールドを外して洗い、キレイにしてからまたセットし直します。私が籠っているジムも来週がホールドチェンジですので、今やっている課題も今週までです。まだやれていない4級課題もありますが、3級は5つほど落とせました。残しているのは苦手というかかなり厳しいものですが、今週中で少しでも前進したいものです。

IMG_20191126_142945-500x250.jpg

IMG_20191126_143022-500x250.jpg

コメント(0) 

バイクにハンドルウォーマーを装着 [ツーリング]

誕生日に山登りのお友達の皆さんからバイクのハンドルウォーマーを頂きました。最近冷えてきたので、早速装着してみました。“コミネ”の製品ですが、まずはYouTubeで装着方法を確認してみました。カバーの親指部分をスイッチの上まで被せているパタンと手前までで止めているパタンがあります。やってみると左はスイッチの上まで被せられるのですが、右はスロットルケーブルが邪魔で手前までで止めました。左はウィンカーなどのスイッチがあるのでカバー出来た方がいいのですが、右はスターターだけなのでこれで全く問題ありません。冬場のバイクは指が痺れますが、これで今年は暖かく乗れそうです。プレゼントありがとうございました。

IMG_20191118_092054-500x250.jpg

IMG_20191118_100428-500x250.jpg

IMG_20191118_100438-500x250.jpg

IMG_20191118_100448-500x250.jpg

コメント(0) 

登山に遠近両用メガネはどうなの?六甲山を歩いてみた [登山]

若い時は視力1.5以上で「3km先の羊も見える」と大口をたたいていました。40才台になって老眼を感じて50才台で眼科に行くと、もともとは遠視でこれに老眼が重なっていると言われました。日常生活は度数1.75の遠視用メガネをかけて、文字を読む時は度数4.5の老眼鏡をかけています。山では遠視用メガネと地図やGPS を見る時にコンパクトな度数3位の百均の老眼鏡を使っています。メガネをかけ変えるのが面倒でいい加減に歩いてルートを間違えることもありましたし、岩登りで近くの細かいホールドの形状がはっきり見えないことも実感していました。そこで宴会用に持ってる遠近両用メガネを六甲山を歩いてテストしてみました。確かにひとつのメガネで済むので地図やGPS を見ることが容易です。但し遠近両用は足元の距離感が微妙にズレて見えます。六甲ロックガーデンのように傾斜があって段差の大きい登山道では僅かに違和感を感じました。ネットでは登山に遠近両用メガネを使うことの賛否の意見があります。私の結論は登山には遠近両用メガネは使わないことにします。足元の微妙な違和感というのは岩稜などでは危険になると考えるからです。でも地図は見ないといけないので面倒がらずに2つのメガネをかけ変えてやります。

P_20191116_113348-500x281.jpg

P_20191116_112957-500x281.jpg

コメント(0) 

指紋が消えるまで登れ@ボルダリングジム [クライミング]

ロープを使うクライミングの“リード”は持久系ですが、ボルダリングは“瞬発系”になります。瞬発系といっても、必要なのは体幹の強さと保持力だと思っています。これを強化するために昨年から年間2ヶ月くらい強化月間としてボルダリングジムに籠っています。今回も今週から月次会員になって毎日通ってトレーニングに励みました。今週は出来る4級の課題はだいたい登りましたが、難しい4級と3級はまだまだでした。今日で4日連続になるので、手はこわばり関節は軋んで肩は痛みが出てきました。指紋は消えてスマホの指紋認証は出来ません。

帰る途中の温泉がシニアデーでしたので温泉に浸かって癒してから帰りました。週末はレストして来週からまた頑張りますよ。

IMG_20191113_123043-500x250.jpg

コメント(0) 

滝本北谷(南紀) [沢登り]

シーズン終わりに近づいているので南紀の滝本北谷に出かけました。起点の滝本集落は“ぽつんと一軒家”状態です。この沢は泳ぐようなところはなく、南紀らしい滝とナメのきれいな景観の中を進みました。滝の巻き道も比較的はっきりしています。きっちり1日行程でよく歩きシーズンを締めくくった満足の沢一本でした。


RIMG0081-500x375.JPG

IMG_20191103_084102-500x280.jpg

RIMG0092-500x375.JPG

RIMG0106-500x375.JPG

RIMG0182-500x375.JPG

IMG_20191103_121435-500x280.jpg

IMG_20191103_090900-500x280.jpg

IMG_20191103_123053-500x280.jpg

IMG_20191103_122352-500x280.jpg

コメント(0) 

堡塁岩ひとり岩トレ [クライミング]

湯婆婆が金髪になったような迫力でクライミング遠征のお誘い電話がありました。

「〇〇〇登りに行きませんか?」

「えっ、今年は3回しか岩を触ってないし無理やで」

「飲み会の時、行くて言うてましたやん」

「・・・そんなん言うたんかな?(痛いところつかれる)」と返事しましたが後日丁重にお断りしました。今年の夏場はバイク三昧で、クライミングはインドアのプラスチックのホールドには触っていますが岩はあまり登っていません。トラッドなマルチピッチのルートを登るには、そのルートの最難関ピッチが登れるということだけではなく、岩登り全般の「勘のようなもの」が必要で、これには絶えずゲレンデに通い「勘のようなもの」が醸成されることが必要だと考えています。

今日は絶好の天気でバイクで温泉ツアーに行きたいところですが、湯婆婆さまの言い付けを守って堡塁岩に出撃しました。さすがに誰もいなくてお一人さまでした。中央稜下部は、右カンテ、右クラック、ルンゼ、凹角、中央クラック、電光クラック、続いて西稜は、ノーマル左、西稜クラック、西稜ハング(2回)、以上よく登りました。今年ももう少し登れたらいいのですが。


IMG_20191031_104357-500x280.jpg


IMG_20191031_104327-500x280.jpg

IMG_20191031_101417-500x280.jpg

コメント(0) 

ハロウィン [猫ちん]

イマイチ似合いませんでした。

IMG_20191029_173421-450x285.jpg

IMG_20191029_173508-367x285.jpg

コメント(0) 

雨の日はボルダリングジムでホジホジ [クライミング]

朝から雨なので最近通ってるボルダリングジムに出かけました。このジムは比較的初級向きで利用料は安いです。2フロアーですが天井があまり高くないので、難しい課題になるとホールドが悪く、コネコネホジホジと握りまくらないといけません。今日は既に来月のマンスリー課題に変わっていて、お客さんは私ひとりでしたので、やりたい放題でした。冬場は月次会員になって毎日通うつもりです。
IMG_20191029_100908-500x250.jpg

ルーフのような面白い課題がありました。右端ミドリのボテからスタートし、ボテとスタンスなしヒールのみで左端オレンジのボテまで行ってヒールでボテの上まで上がって後2手で終了です。4級です。

IMG_20191029_113942-500x250.jpg

コメント(0) 
前の10件 | -